読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を楽しもう!~トラベルコンシェルジュが本当にオススメしたい旅~

元大手旅行会社勤務で今はフリーの筆者が、ほんとうにオススメしたい旅先やホテルを紹介します。みなさんの人生にもますますステキな旅を♪日々考えたことも、ちょこちょこ。

断捨離 エルメスの手帳 その後の悩める日々

こんにちは、みぽこです。

 

先日のブログで、

長年大切に使ってきたエルメスの手帳とのお別れを決めましたが、

tanoshimou.hatenablog.com

 

それからというもの、次の手帳選びのことで頭がいっぱい!

 

まずは、なにを重視したいかを考えてみました。

・軽くて持ち運びしやすい

・シンプルで美しい

・できたら時間管理のできるバーチカルタイプを使ってみたい

 

ここまではっきりしたら、もう決まったようなものだ!

と思っていたのですが、いやいや、手帳の種類の多いこと!

気づくとずーっと検索してしまいます。

 

それぞれ実物が見たくて、LOFTや伊東屋にも行ってみました。

そして、いいな!と思った10個くらいの中から、やっとやっと3つに厳選。

 

候補に残ったのは、

トラベラーズノート

これはもう、旅人としては、まず名前に惹かれてしまいます。

そして、革が強そうで傷がついても気にならなさそうなところも魅力。

 

無印良品のスケジュール帳

f:id:tanoshimou:20161021125702j:plain

これぞシンプル。

カバーも、中のデザインも、

これ以上ないくらい削ぎ落とされています。

 

ほぼ日手帳

うーん、これもシンプルで、

今週の一言がさりげなく書いてあるところが心をくすぐられます。

でも候補3つのうち唯一、バーチカルタイプではないんです。

 

どれもこれも捨てがたい!!

そして、候補3つがあまり似ていないことにびっくり。

私、本当に絞れているんだろうか・・・

 

そしてついつい、エルメスさんも探してしまいます。

この色、このフォルム、なんて美しいんでしょう。

エルメスさんたちの中では、今はこれに一番惹かれます。

 

これは!私のエルメスさんの色違いを発見。

うーんやっぱり好き。

そして、中古のお品だと破格で手に入れられるんですね。

びっくり。

 

うーん、2代目エルメスさんを迎える気持ちも若干残しつつ!?

まだまだ決められなさそうです。

 

でも最低でも1年間使う手帳だし、

ゆっくり迷うことにしようかな♪

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

旅を彩るアイテム シャネルのヴェルニ

こんにちは、みぽこです。

今日は、旅を彩るアイテムのお話です。

 

旅に持っていく荷物は少ない方がいい。

 

でも、かさばらなくて、

より旅を盛り上げてくれるもの、

テンションに上がるものなら

(そしてコストがあまりかからないものなら!)

ぜひぜひおともにしたい。

 

その代表的なものが、私にとってはシャネルのヴェルニです。

 

しかも、自宅にあるものを持っていくのではないところがポイント!

 

出発空港の免税店で、その時いちばん惹かれたものを一色だけ選んで

その旅のおともにします。

 

最近のハワイ旅行の時↓

tanoshimou.hatenablog.com

この旅の出発時にもモチロン、空港に到着し、

チェックイン手続きを済ませたら意気揚々と免税店へ。

 

ちなみに、その時のラインナップはとても気になるけれど、

出発前にデパートなどで下見はしません。

 

あくまでもその旅行に出発するときの、

インスピレーションで選びたいから。

 

そして今回選んだのはこちらになりました。

f:id:tanoshimou:20161019131938j:plain

 

あれ、一色じゃない・・・

そうなんです、今回はどうしても絞れなくて(汗

 

おまけにLE GEL CORTという

ややジェルネイルよりふっくら感が出るトップコートが新作発売していたので

これは買っておかなくては!と、3本になっちゃいました。

 

ハワイ旅行の割には、地味な色選びになったなあ。

しっとり過ごしたい気分だったのかも。 

 

そして、現地のホテルにチェックインしたら、

なにはさておき、まずはその買ったばかりのネイルを!

 

特にリゾートでは手足が目立つ服装が多いので、

ついさっきインスピレーションで選んだネイルを塗ることで、

何度も目にすることになり、もうテンションは最高!!

 

これ、とってもお勧めです。

ネイルはそれほど高価なものではないし、かさばらない。

選ぶ楽しみもある。

 

最近は、出発前に購入して、

塗ってから出発するのもいいなと思っています。

空港に向かいながらすでに旅行気分になれるし、

現地に着いたら時間を有効に使えるから。

 

 

そして、そのネイルは旅が終わってからも、

「これは、あの〇〇旅行の時のネイル」

として、日常も彩ってくれるのです。

f:id:tanoshimou:20161019132743j:plain

 

今回は2色買ってしまっているので少し説得力がないですが・・・

 

ちなみにもう長いことずっと、ネイルはシャネルのものだけ。

心くすぐる色が多いこと、フォルムが好きなこと、

そして白い恋人の缶にぴったりおさまってくれるから。ふふふ。

f:id:tanoshimou:20161019133352j:plain

 

実際に使ってみると、発色はきれいだし、持ちもいい。

 

もともと日常的にはネイルは塗らない派。

私にとって、それは非日常の象徴、大好きな旅の象徴です。

 

特別な時に取り出して、その時々の旅の空気を思い出しながら

使っています。

 

旅のおともに連れて行ったアイテムが、

今度は日常に旅を連れてきてくれる。

 

そんな風に自分なりの楽しみを見つけ、

日常の中に旅を持ち込み、小さな喜びを感じることが、好きです。

 

次はどんな色にしようかな。

おっと!下見はしないのがモットーだけれど、

次の旅が決まっていたらいいかも♪

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

にほんブログ村

断捨離。エルメスの手帳

こんにちは。

 

断捨離を決意してから、

気になってはいたけど気づかないフリをしていたもの、

手帳。

 

今使っているのは、エルメスの手帳、ヴィジョン。

ミラノのエルメス路面店で、ひとめぼれしたもの。

f:id:tanoshimou:20161013130916j:plain

その柔らかな手触り。

品のある茶色の革、

開けた時に気持ちがトキめく内側のオレンジ。

 

f:id:tanoshimou:20161013130715j:plain

でも、あれから10年以上経ち、

色はくすみ、糸もほつれて、

実はボンドで補強しながら使っていました・・・

 

ここ数年は、もう引退かな、と思ったりしたものの、

いやいや、これは幼なじみとのイタリア旅行で買った思い出の品だし、

もう10年以上使っていていまさら他の手帳にするなんて考えられないし、

これ以上に気に入る手帳なんてあるわけがないし。

 

なにしろモノに思い入れを人一倍持ってしまうので、

自分の思いつきを自分で否定したりして。

 

でも、コンマリさんで言うところの、

「ときめくか」で判断すると、ときめかないんです。

逆に、切なくなる。

 

これは良くない!毎日何度も手にする手帳。

見るたびに切なくなったり、見てみないふりをして過ごすなんて、

エルメスさん(と呼んでいました)にも失礼だ!

 

ということで、手放すことを決心しました。

一度決めてみると、あんなに悩んでいたのがウソのようにスッキリ。

自由な気分なんです。

f:id:tanoshimou:20161013131903j:plain

この手帳に合うものがほとんどないので、

数少ない候補の中から毎年お取り寄せしていたレフィル。

スペースが小さいから、小さい字でメモをするクセがついたりして。

 

濡らしたくないから、ビーチリゾートに行くときには

お留守番させられていたエルメスさんのために、

むき出しになっていたレフィル。

 

そんなこととも、お別れ。

もう本当に、何を選んでもいいんだ!

LOFTや伊東屋で、小躍りしたい気分。

 

エルメスさんに、執着していたんですね。

繊細だから、傷つけないように、そおっと使っていた手帳。

不便さは、気づかないふりをして。

 

メモ魔で手帳大好きの私のそばで10年以上、

いちばんのパートナーでいてくれたエルメスさん、ありがとう。

本当に好きでした。

あなたを中心に、バックや、服を選んでいました。

 

そしてあのころ、少し背伸びして買い物をしていた私に、さようなら。

 

そして、今度は、今の私にいちばんピッタリくる手帳を選ぼう。

 

モノを選ぶっていうことは、

自分が今、何を大切にして日々を過ごすのか

それを深く考えされられるなあと思います。

 

断捨離って簡単じゃないなあ。

断つ、捨てる、離す!

そんないちばん苦手なこと。

きっと、執着を手放すってこと。

前に進むってことなんだなあ。

 

今度は、どんな旅にもガンガン持って行ける、

そして予定をたくさん書きこめる、

たくましい相棒を選ぶぞ!

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

本当に泊まりたいホテル 海外編 ロイヤル ハワイアン ホテル マイラニ タワー その⑥ビーチ&プール

こんにちは!

楽しもう!です。

 

今日は、ロイヤルハワイアンホテルのビーチ&プール

についてご紹介したいと思います。

 

リゾートに泊まったら、大切なのはビーチ&プールの居心地!

ロイヤルハワイアンはワイキキビーチのど真ん中にあるし、

全体的に上質な雰囲気が漂っているので期待できそうです。

f:id:tanoshimou:20161013122741j:plain

↑こちらがプール。

白い屋根のカバナは有料($175+税)、

ピンクのパラソルのスペースは無料です。

 

この無料デッキチェアは、混む時期は争奪戦!

ゆっくり朝食を食べて、水着に着替えて、

10時ごろにプールへ、なーんてのんびりしていたらすぐに満席。

 

マイラニタワー滞在なら、ラナイから様子が見えるので

満席になりそうだったら急いで行くか、

日にもよりますが、8時ごろには行った方がいいかも。

一度満席になると夕方まで空かないこともしばしばでした。

f:id:tanoshimou:20161013123419j:plain

↑こちらがビーチの、宿泊者専用のパラソル&チェア。

ここはすべて有料で、ビーチチェア2脚とパラソルのセットで$40+税です。

このロイヤルハワイアンビーチセットと、

プールのカバナはなんと1年前から!webで予約できます。

 

モチロン空いていれば到着後でも予約できるので、

行ってから、天気を見てから決めたいなあー

という気持ちもあったのですが、

ここは晴れにかけることにして、予約!

 

なんと、場所まで指定できるのです。

もちろん、海に向かって1列目を予約しました。

2列目はほとんど空いていたので、場所にこだわりがなければ

現地でも予約できる可能性は高いかも。

f:id:tanoshimou:20161013124536j:plain

ワイキキビーチ、最高!!

 

有料席を予約してしまうと、

「今日はここで一日ゆっくり過ごそう」

と思えるから、いいかも。

 

いろいろ出かけたくなってしまう魅力満載のHAWAII。

でもこの海や空を眺め、風を感じて、

時間を忘れていちにちを過ごすのが

いちばんの贅沢だなあ、と思った至福の一日でした。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

本当に泊まりたいホテル 海外編 ロイヤル ハワイアン ホテル マイラニ タワー その⑤マイラニラウンジ

こんにちは!

 

前回のブログ↓で無事に、憧れのホテル、

tanoshimou.hatenablog.com

 

ロイヤルハワイアンマイラニタワーにチェックインした私たち。

 

お部屋も嬉しいけれど、

なんといっても今回の旅行の大切なテーマのひとつは

『ラウンジでゆっくり過ごす』!!

 

どんなラウンジなのか、

ゆったりできる雰囲気が漂っているのか、

どきどきしながらロビーからラウンジへ入ります。

 

マイラニタワーラウンジは、ロイヤルハワイアンホテルの中でも

マイラニタワー(以前はタワーウイングと呼ばれていた新館)宿泊者専用

のため、キーがないと入ることもできません。

だからモチロン、お初です。

 

 

お食事も出るラウンジサービスは、朝と夕方に2回。

 

6:30AM~9:30AM
・コーヒー&ティー
・日替わりのミモザ
グラノーラ&ギリシャ・ヨーグルト
・焼きたてパン
・フレッシュフルーツなど

f:id:tanoshimou:20161012161137j:plain

朝からスパークリングワイン、至福の時ですね!!

パンは、とーっても甘いものばかり。スイーツといった感じです。

ミモザは、希望に合わせて作ってくれました。

写真のものは、ピンクグレープフルーツ&スパークリングワイン。

そのほかにも日替わりで、グアバやオレンジなどもありました。

 

そして夕方。

5:00PM~8:00PM
・ドリンク・ステーション
・日替わりの軽食
・野菜スティックなど

f:id:tanoshimou:20161012161347j:plain

軽食とはいえ、ポテトサラダやナッツ、

そしてパスタ(冷たいもの)まであったので、到着日の疲れた胃には十分。

夕食は要らないかな?という日にはとっても助かっちゃいます。

f:id:tanoshimou:20161012161818j:plain

アルコールは、ビール、スパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン。

お願いすれば何杯でもいただけるので、つい飲みすぎちゃいますが、

ディナーのために時には我慢。

 

f:id:tanoshimou:20161012160635j:plain

お席は、手前にあるような丸いテーブル席がいくつかと、

奥のソファー席が4つくらい、そして10人くらいが座れる、

相席もされている大きなテーブルがひとつ。

 

そんなに広くないラウンジでしたが、お席の雰囲気が違うので

毎日利用しても飽きません。

 

左奥に見える座っている方は、コンシェルジュ

滞在中のあらゆる相談に乗ってくれます。

 

私たちも、スパやレストランの予約など、毎日のようにお世話になりました。

日本語が通じる方もいらっしゃるので安心です。

 

そしてコーヒーが美味しいのも嬉しかった!

1杯ずつ挽いてくれるタイプのマシーンでした。

 

このラウンジが滞在中使えるのだから、少々宿泊費が高くてもお得だと思います。

大満足!

 

本当に泊まりたいホテル 海外編 ロイヤル ハワイアン ホテル マイラニ タワー その⑥ビーチ&プールへ続きます。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

断捨離。フットワークの軽い旅人への道

こんにちは。

 

すっかり秋の空気に包まれてきましたね。

 

さて、私は今流行りの断捨離をしようと思っています。

 

旅人としては、旅の荷物は少ない方がいい!

モノが少ない方がフットワークが軽くいられる!

旅行の準備もきっとさくっとできちゃう!

 

なんですが・・・

実は、モノが捨てられない性格。

モノに思い入れを持ってしまうんです。

情が移ってしまうというか。

 

これは、中学生になる前に家族で高島屋へ行って買ってもらった生まれて初めての腕時計。

これは、北海道へ行った知人からお土産にいただいたキツネの形のつまようじ入れ。

これは、結婚した時にあれこれ物入りだろうと親戚から頂いたお鍋やお皿。

 

・・・

 

というように、もう使っていなくても、好みのものでなくても、

なかなか処分ができません。

 

でも!とりあえず(コンマリさんに言わせると「とりあえず」はナシでしょうが)

『ほんとうにこれは自分に必要か』を考えながら過ごし、

少しずつシンプルにしていきたいと思っています。

 

モノがなんでも欲しかった時期は終わった!

これからはなんでもシンプルにしていこう。

そうすれば自分のイチバン大切なものがもっと見えてくるはず。

 

そしてちゃんと大切なものを大切にして日々を過ごすことで

人生をもっと大切にできたらいいな♪

 

そして理想は、『荷物の少ない、フットワークの軽い旅人』♪

どうしても多くなっちゃうんですよね、荷物。

オトナになるといろいろな場面を想像しちゃって。

でもモノを減らして、その代わり臨機応変さを身に着けよう!

 

そんな決心をした秋の始まりでした。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

 

故郷。

私には故郷と呼べる場所はないと思っていた。

 

東京生まれの東京育ち。

大人になってから千葉へ移り住んだものの、

日帰り圏内だし、勤務先も東京だったから

やっぱり故郷はないと思っていた。

f:id:tanoshimou:20161006110419j:plain

夏休みやお正月に帰省する人たちを、

その人たちの高揚しているような、ほっとしているような顔を見て

ステキだなって羨ましく感じることもあった。

 

毎日慌ただしく過ごしていても、帰る場所がある。

一息つける場所がある。

 

もし人生に行き詰っても、戻る場所がある。

美しい自然が迎えてくれる。

故郷があるって、そんなイメージだった。

 

 

しかしそんな私は突如、西日本へ転居することになった。

美しい山に囲まれた、「故郷」のイメージそのものの場所へ。

 

故郷、みたいだなあ。

でも私は新参者だからここは故郷ではないんだよな。

知り合いも誰もいないし。

 

そう思いながら暮らして2年。

お休みを取り、実家があり家族や友達のいる東京へ。

 

新幹線で東京に降り立ち、自然に口をついて出たのは

「ああ、帰ってきた。」

だった。

 

あ、故郷なんだ、ここが。

そうか私にとっては人で溢れた、ビルで埋まった、

この東京こそが故郷なんだ。

f:id:tanoshimou:20161006111035j:plain

すごい勢いで人々が歩き、話し、

空気がもわっとしていて、頑張らないと電車に乗れない都市。

 

美しい山に囲まれていたり、

きれいな川が流れていたりはしないけれど。

 

それでも心からほっとしている自分がいた。

 

故郷って、こういうことだったんだ。

離れていて、簡単には帰れなくて、でも帰ったら素の自分に戻れて。

大切な人がいて。大切な場所があって。

 

何かを失わないとできなかったんですね、故郷って。

 

故郷のことを話しているときの友達の

遠くを見ているような目を思い出す。

私も東京のことを話しているときあんな目をしているのかな。

 

東京出身者の半数が、自分には故郷がないと感じているという。

 

みなさーん、ありますよ、故郷!

そのうち、東京が故郷だなって感じる日が来るかもしれませんよ。

 

だから、一緒に大切にしていきたいですね、私たちの故郷、東京を。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

 ↓ 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村