読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を楽しもう!~トラベルコンシェルジュが本当にオススメしたい旅~

元大手旅行会社勤務で今はフリーの筆者が、ほんとうにオススメしたい旅先やホテルを紹介します。みなさんの人生にもますますステキな旅を♪日々考えたことも、ちょこちょこ。

SMAPという奇跡

こんにちは。

楽しもう!と自分で言いながらテンション低めの今日。

いつもいつも楽しい気分でいるなんて無理ですよね。

無理しないのが一番。

ちゃんと落ちるときに落ちていればそのうち上がっていけるはず。

 

 

「広島カープ25年ぶりの優勝!」

そんなニュースをぼんやりと見ながら、

「そうなんだー。SMAPがデビューした年以来なんだー。」

 

ほら、また。

何かとSMAPに関連付けて考えてしまう。

 

本当のファンに申し訳なくて、大きな声でSMAPファンです!

なんて言えるほどのファンではない。

けれど、なんとなくいつもSMAPが出ているテレビを選んで見てしまう。

ジャニーズの話が出ると、SMAPをひいきめに話してしまう。

 

だって、SMAP世代だし!

いつもそばにあったのだ、SMAPの歌が。

その存在が。

 

f:id:tanoshimou:20160913172111j:plain

 

SMAP解散のニュースを聞いてしまってから、今日でちょうど1か月。

あの時、NHK錦織圭選手の試合を見ていた時に突然出た速報のテロップ。

 

SMAP解散』

 

・・・・・・・・。

 

1か月経ったのに、なんだかそこに立ち止まったままのような気がする。

 

「えっウソでしょ?」

「でも速報出ちゃうくらいだから本当?」

検索…検索…

「本当らしい。どうしよう」

でも、メンバー本人から聞いてないし。

稲垣さん、草なぎさん、香取さん、木村さん、そして中居さん。

ラジオで次々に生の声での報告を聞いてしまい、認めざるを得ない。

えーと、えーと、ということは、もう5人で歌う姿は見られないの?

あの歌も、あの歌も?

もうあの5人では、もうあの5人では・・・

 

f:id:tanoshimou:20160913175732p:plain

 

それがどういうことなのかわからないまま、

なんとなく現実味がないまま、

1か月が過ぎた。

 

日々揺れ動く小さな一人のファン心理。

 

5人がそう決めたなら、その方が良いと判断したなら、

その方が自分たちらしくいられると思ったのなら、それがいい!

まわりは応援しないとね!と思ったり、

 

5人とも本当はまだ悩みの中にいるのでは?苦しんでいるのでは?

と勝手に心配してしまったり。

 

そして救いは、同じような気持ちでいる人たちが、

日本中に、いや世界中にも大勢いるだろうということ。

 

インタビューされた上品なおばあさまが、

テレビの中で寂しいと言って涙を浮かべている。

 

ライブに行けば、親子連れ、友達同士、

年齢を超えてたくさんのひとが目を輝かせている。

これまでこんなにも老若男女に愛されたグループがあっただろうか?

 

もうジャニーズの「若い子たちに人気の男性アイドルグループ」という枠は

とっくに壊して、独自の道を創り上げてきたSMAP

 

いつも笑顔で楽しそうな嵐や関ジャニのみなさんに癒されることもたくさんある。

でも、いつも笑顔というわけでもなく、時にはピリピリしていて、

それぞれにプライドを感じさせるプロ集団SMAPでないとダメなことも、ある。

 

f:id:tanoshimou:20160913175806j:plain

 

前例のないことばかりにチャレンジしてきたから、歴史を作ってきたから、

そんな彼らの解散という現実を前に、私たちは途方に暮れてしまう。

 

困ったな。

じゃあ今私たちにできることはなんだろう。

 

もしも、彼らが今、後悔していて、

やっぱりこの5人でやりたい!という気持ちになった時に

ふんわりと迎えてあげられるような雰囲気づくりかな?

と思ったりした。

 

解散行動後に出たたくさんの記事の中には

「若い時から芸能界しか知らないから甘い」

なんて驚くような視点のものもあるから、

もしかしたら彼らが解散をやめたいと言ったら、

「ほらみたことか」なんて言い出しかねない。

 

だけど私たちはあんな存在の大きなグループの一員になったことがないんだから、

彼らの苦悩を、そこからの決断を、簡単に判断なんてできないと思う。

 

唯一無二の存在SMAPには、ここで一旦「解散する」という決断が必要だった。

そして初めて本気でその決断をしたあとで、見えてくる景色もきっとあるだろうと思う。

それが「やっぱりこのメンバーでやりたい。」

という決断だったらどんなにステキだろう。

 

だから、

「でも、こんなに大事になって、いまさらやっぱり解散やめますなんて言えないよな」

と、彼らが思ったとしても、

堂々と、晴れやかな気持ちで戻れるように、その環境を私たちは作りたい。

 

あの時は、選ばれてグループになったけど、

今度は自分たちで選んで、やっぱりこのメンバーになりました、って。

f:id:tanoshimou:20160913180109j:plain

 

その時はこれまで以上に最強のチームになるだろうなあ!

無邪気で少年のようで、でも強くてたくましくて、温かくて。

新しい彼らは、どれだけの人に笑顔と勇気を与えるだろう。

 

その時をイメージしよう。

そしてそれまで、今メンバーがきっとそうしているように、

私たちもとにかく毎日を頑張っていくしかないですね!

 

♪Hey Hey Hey ガール

いつの日にか 幸せを 勝ち取りましょう

Hey Hey Hey ボーイ

かっこわるい 毎日を がんばりましょう

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

(この記事、海外旅行から離れてSMAPでいっぱいになっちゃってるけど汗)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村