読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を楽しもう!~トラベルコンシェルジュが本当にオススメしたい旅~

元大手旅行会社勤務で今はフリーの筆者が、ほんとうにオススメしたい旅先やホテルを紹介します。みなさんの人生にもますますステキな旅を♪日々考えたことも、ちょこちょこ。

故郷。

私には故郷と呼べる場所はないと思っていた。

 

東京生まれの東京育ち。

大人になってから千葉へ移り住んだものの、

日帰り圏内だし、勤務先も東京だったから

やっぱり故郷はないと思っていた。

f:id:tanoshimou:20161006110419j:plain

夏休みやお正月に帰省する人たちを、

その人たちの高揚しているような、ほっとしているような顔を見て

ステキだなって羨ましく感じることもあった。

 

毎日慌ただしく過ごしていても、帰る場所がある。

一息つける場所がある。

 

もし人生に行き詰っても、戻る場所がある。

美しい自然が迎えてくれる。

故郷があるって、そんなイメージだった。

 

 

しかしそんな私は突如、西日本へ転居することになった。

美しい山に囲まれた、「故郷」のイメージそのものの場所へ。

 

故郷、みたいだなあ。

でも私は新参者だからここは故郷ではないんだよな。

知り合いも誰もいないし。

 

そう思いながら暮らして2年。

お休みを取り、実家があり家族や友達のいる東京へ。

 

新幹線で東京に降り立ち、自然に口をついて出たのは

「ああ、帰ってきた。」

だった。

 

あ、故郷なんだ、ここが。

そうか私にとっては人で溢れた、ビルで埋まった、

この東京こそが故郷なんだ。

f:id:tanoshimou:20161006111035j:plain

すごい勢いで人々が歩き、話し、

空気がもわっとしていて、頑張らないと電車に乗れない都市。

 

美しい山に囲まれていたり、

きれいな川が流れていたりはしないけれど。

 

それでも心からほっとしている自分がいた。

 

故郷って、こういうことだったんだ。

離れていて、簡単には帰れなくて、でも帰ったら素の自分に戻れて。

大切な人がいて。大切な場所があって。

 

何かを失わないとできなかったんですね、故郷って。

 

故郷のことを話しているときの友達の

遠くを見ているような目を思い出す。

私も東京のことを話しているときあんな目をしているのかな。

 

東京出身者の半数が、自分には故郷がないと感じているという。

 

みなさーん、ありますよ、故郷!

そのうち、東京が故郷だなって感じる日が来るかもしれませんよ。

 

だから、一緒に大切にしていきたいですね、私たちの故郷、東京を。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援の1クリックを頂けると嬉しいです♪

 ↓ 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村